痛みを和らげるアロマは必需品

数年前から婦人科系の持病に悩まされて、腹痛や頭痛などがあり、貧血を起こしてたまに倒れていました。婦人科で処方はしてもらったものの、毎日すっきりせず、副作用がではじめた頃、ママ友さんがアロマを専門にお仕事していることを聞き、早速悩みを聞いてもらいました。
婦人科には、アロマオイルのマッサージを行なっても良いかを確認してOKとのこと、注意事項を聞いてマッサージ体験を試してみることにしました。
薬の副作用で頭痛が辛いことを話したら、アロマオイルのミントが良いことを教えてもらい、ココナッツオイルを混ぜて私の顔のこめかみと、首筋、鎖骨あたりまで塗り、リンパマッサージをしてもらいました。
さらに、生理痛などの腹痛がひどかったので、ラベンダーを胃腸や背面部分に塗り、こちらもココナッツオイルと一緒にマッサージしてもらいました。
おへその周りを円を描くようにさすり、背中から腰は、ツボを押しながら手のひら全体でマッサージされて、終わる頃にはジワっと汗がでて悪いものが出ていってくれた感じがしました。
長年、悩まされていた頭痛は、ミントを使ったことで吐き気を抑制でき、腸はマッサージのお陰で便秘が解消、腰の痛みも和らぎ、随分楽になりました。
通院はしていますが、アロママッサージのおかげで、元気を取り戻すことができました。
痛みを軽減してくれるアロマは、いまとなっては必需品です。
持病と向き合いながら、辛い時はアロマの施術を
受けています。

ホームに戻る